病気って、魔法みたいに、全く気づかなかった人生のとっても大事なことをいとも簡単に気づかせてくれるということもある。例えば、家族の暖かさだとか友達の優しさだとか、その当たり前の身の回りにある事がどれだけ大事なことか、どれだけ素敵かっていうことをね、すごく簡単に気づかせてくれるんですよ。

これは、兵庫県出身の心臓血管外科医である 須磨 久善(すま ひさよし)さんの言葉です。

この言葉を深く感じるような出会いがありました。。。

どきどき「自分の心に正直」に行動してるのか、自問自答することがあります。

そう、誰かの命令、義務に関係なく本当にしたいことをしているのかと。。。

気がつくと大人になり社会に出て働き、日常的に義務化された指示命令系統に従って生きている自分がいます。よく考えてみるとプライベートでさえもそうかもしれない。

家族や友達と旅行や遊びに行く時も人の意見に従って行動していることがあります。

人にあれこれ決めてもらうことは場合によっては、とても楽なこともあり、めんどくさいと思っても、何も考えずに黙って従うだけの自分がいる。。。

でも、一つだけ胸を張って「自分の心に正直」に行動できるものがありますよ!

それは、音楽を聴いたりライブに行くことですね。

これは自分の周りにいる音楽ファンの方と同じような気がします。

それでも周囲の人々から「なんで、そこまでしてあげられるの?」などと、首をかしげられるようなこともありますね(笑)!

でも、これは「自分の心に正直」に行動していることだから、他人にどう思われようとかまいません(笑)!

なぜなら、その理由もハッキリとしていて、単純に「アーティストを応援したい!」それだけです。

これは、直接アーティストさん達からお願いされたわけでは決してありません!

正に「自分の心に正直」に行動しているだけなんです。

そして、そんな応援したいアーティストさんがまた一人増えました。。。

その人は自己免疫疾患・心臓疾患・メニエール病・喉頭軟化症など多くの病気を抱え、国の難病認定患者として入退院と繰り返す身体でありながら、感染症で入院されている自分のお父さんの看病をするため週4回も別途、病院に通う日々を送っています。

そんな彼女は誰よりも保険外の細菌移植治療を受けたいと望んでいます。

でも医療費は保険外であるため、高額です。

しかし、彼女は善意の寄付や募金だけを望んでいるわけでは決してありません。

彼女は「自分の歌を多くの人に届けたい!」という夢を持っています。

その想いが「さっちゃんとみんなのおうた」というアルバムになりました。

さっちゃん-20171019-03

『さっちゃんとみんなのおうた』

そのアルバムを2000人に届けることで保険外の細菌移植治療を受けることができます。

そんな気持ちに触れてしまった以上、応援しないわけにはいきません。

そう、今自分が応援したいアーティストさんとは「愛と笑顔の音楽の伝道師さっちゃん」です。

彼女との初めての出会いは、今年(2017年)の7月に行われた井上昌己さんのバースデーライブでしたね。

さっちゃん自身も昌己さんのファンであり、そんな彼女のために昌己さんのファン達が集まって駅で車椅子の彼女を会場に無事に案内しようと集まっていました。

たまたま、自分はそこを通りかかり、その中のファンの一人の方とSNSでつながっていたのでその集まりに参加したのが出会のキッカケです。

その時、初めて彼女の車椅子を押す手伝いをさせていただきましたが、初めて押す車椅子が重くて、不慣れな自分にとっては大変でした。

これは、彼女にとっても大変ことなんだとすぐに感じましたね。

そして、その「さっちゃん」と呼ばれていた彼女がアーティストさんであることをはじめて知った次第です。

それまで、自分は「愛と笑顔の音楽の伝道師さっちゃん」の存在も彼女の病気も全然、知らなかったんですね。

今となっては、これもご縁というものでしょうかね(笑)。

でも、キャッチコピーにあるように笑顔を絶やさない明るい方だと思いました。

そして、彼女のホームページやSNSを見ると難病を抱えながらも前向きに生きる素晴らしさを学んだような気がします。ここにも「自分の心に正直」に行動している人がいたと。。。

だから、自分自身も「自分の心に正直」に行動しょうと思いましたね。

まぁ、この応援は、さっちゃんから頼まれたわけでもなく自分が勝手にやっていることです(笑)。

他にもさっちゃんの生き方に賛同して「自分の心に正直」に応援してくれる人は沢山いるようですよ。

とても心強いですよね。

そして、今、自分はこんな風に考えています。「愛と笑顔の音楽の伝道師さっちゃん」の存在は、同じ病と闘う人々やその他の多くの人達にも勇気をあたえてくれると。。。

しかし、さっちゃんや周りの人々が本当に心から笑顔になれるのは、彼女の病気が全快して元気にステージの上で歌う姿を見る時であると。。。

彼女はクリスチャンだと、あるファンの方から聞きました。

その後に知ったのですが自分の家からほど近い陣内大蔵さんの東美教会にもどきどき来られるそうですね。

そんな彼女は、誰かが2000枚のCDを全て買うと言っても喜んで首を立てに振らないでしょう。
2000人の人々に届けることに意味があるのです。

これは、さっちゃんが自分自身に課したmission なのかもしれない。

クリスチャンでもない自分が言うのは、おこがましいかもしれませんが、2000人にその気持ち伝えることは、神様からさっちゃんへの命題ではないでしょうか?

だから、もっと多くの人に彼女の存在を知ってもらうこと、そして一日でも早く2000人という目標が達成できることを祈っています。

今、さっちゃんは薬の副作用でギターが弾けなくなることがあるそうですがアーティストにとって楽器が弾けないのは、どんなに辛いことだろう。。。

また、今の状態では、長時間のライブも辛いハズです。

もし、マスコミ・その他メディア媒体の関係者がいましたら、是非、彼女を呼んで欲しい。

車椅子の彼女を届ける役目は、自分を含めた多くのファンが手助けします。

その想いをON AIRに乗せてくれるような放送局さん!よろしくお願いします!

最後に。。。

100年後の世界は、自分もそして応援するアーティストもそのファンも存在しない。

そんな自分たちが死んだ後の世界は、どんな世界になっているのかな?

もちろん、死んだ後のことなんて、どうでもいいかもしれない。。。

でも、たとえ世界が滅んでいたとしても。。。

大きな愛と素晴らしい多くの笑顔が永遠に続いていると信じています。。。

「自分の心に正直」に生きるアーティスト、さっちゃん。。。

今、その身体は傷つきやすいけれど、決して壊れない強いハートが生きている。。。

Love and Smile.
It is a Brave Heart…
Do your best!
God bless you.
Sacchan…

さっちゃん-20171019-01

今、その身体は傷つきやすいけれど、決して壊れない強いハートが生きている。。。

【さっちゃん情報】
▼レギュラー番組
インターネット放送局Cwave
『さっちゃんのMusic for Peace』
毎月第3日曜日 19時30分~20時30分 公開生放送(北千住)
→ FLASHより生配信 ←
senju@cwave.jp  ※件名「さっちゃん」明記
11月19日のゲストは堀江淳さん!
「メモリーグラス」がライブで聴けるそうです!

こしがやエフエム
『さっちゃんのハロー!ホームタウン~私のふるさと~』
こしがやエフエム(FM86.8MHz)
→ インターネット放送リッスンラジオ(リスラジ)より生配信 ←
毎週木曜日 19時~20時
86sachiyo@excite.co.jp ※番組直通
Twitterハッシュタグ #ハローさっちゃん

▼さっちゃんのホームページ
http://www1.plala.or.jp/KEWPIE-on-LINE/
※このホームページ右側のカテゴリにある「ちいさなはぁと」は必見です。
さっちゃん自身が自分の病気について、現在に至るまでの経緯を詳細に説明しています。
▼blog
http://kewpie429.blog53.fc2.com/
▼Twitter
https://twitter.com/SachiyoCanorous
▼さっちゃんメルマガ
join-sachiyo.FyOV@ml.freeml.com
※空メールを送って下さい
▼さっちゃんを勝手に応援する会のTwitter
https://twitter.com/sachiyo_cd2000

※問い合わせ等はホームページで案内されている「さっちゃん事務局」へ
さっちゃんは、ご自身の難病の治療やお父様の介護などで体力的に疲れておりますので個人への私的メール等はご遠慮くださいね。その分、Twitter等のいいね、リツイートなどで反応してあげてください。
ご本人もきっと喜びます。