去年、ロバート・リー・フロストの詩「Nothing Gold Can Stay」について、自分の想いをこのブログで記事(※)にしたことがありました。

今、夏の眩しい朝の輝きを受けて、ウォーキングをしたり、パワースポットへ行ったりとしていますが、何故か、彼の「Nothing Gold Can Stay」を想い返すことがあります。

Nothing Gold Can Stay ~ 黄金のままでいられるものはない

フロストは、彼の詩の中で自然の風景をモチーフにこんな風に語りかけます。
朝日に輝く、木々の緑や、朝露に輝く花の美しさなど、その輝きは、永遠に保つことはできないと...

人もその人生の中でいつかは、輝きを失うものであると揶揄しているような気がしました...

でも、自分はその当時、このような感想をブログに綴ってみましたよ。

確かに、フロストが言うように「Nothing Gold Can Stay=黄金のままでいられるものはない」 かもしれない。

でも、それでも...

「花鳥風月(美しい自然の風景や、それ楽しんで鑑賞できる風流な気持ち)」を持ち続けることが、Stay Gold(輝きつづける)ことだと...

朝の公園を歩き、飛び回るトンボや花の蜜を求めて舞い上がる蝶、蝉しぐれの深緑の道、池の鯉や小鳥の囀りが、夏の朝の光を受けて、輝きつづける。

その輝きを探し求めることが、まさに「Stay Gold」なんですね。

子供の頃、夏休みに友達と遊んでばかりいた夏...

しかし、毎日が笑顔で輝いていた夏...

あの時も「Stay Gold」でした。

子供から大人へと成長し、あの頃の友達もあの笑顔も、今はもうわからない...

やはり「Nothing Gold Can Stay」なのだろうか?

今年の夏の輝きを見ていると、ふとノスタルジックな想いを感じるんですね。

夏が来ると自分は、子供の頃に忘れてきた「宿題」を今でも探しているような錯覚を感じることがあります。

あの頃に出会ってきた「笑顔」をまだ探し求めているのかもしれません。

色褪せた思い出に、懐かしさを感じ、あの頃の幸せをいくら思っても、もうあの頃へは戻れない。

あの頃の友達は、人生に疲れ、自分の輝きを失いかけているのかもしれない。

今、どこで、どんな生活をしているのだろうか?

自分は、人生とは永遠に続きがあるものだと感じています。

Endless summer !
終わることのない夏のように!

もし、また再開することがあるのなら...

今でもこう言いたい!

Stay Gold ! ~ いつまでも輝いてくれ!

何があっても人生には続きがある

何があっても人生には続きがある

In three words I can sum up everything I’ve learned about life.
It goes on.

人生で学んだすべてを私は3語にまとめられる。
それは「何があっても人生には続きがある」ということだ。

by Robert Lee Frost(ロバート・リー・フロスト/米国の詩人)

(※) 関連リンク先

「花鳥風月にロバート・リー・フロストを想う」
http://stylish-life.tokyo/2014/11/18/diet-20141118/